女性漫画

サレタガワのブルー/20話ネタバレ!綱渡りの証拠集めの先に… 

「サレタガワのブルー」20話ネタバレ感想ご紹介! 

「サレタガワのブルー」19話で、藍子の無神経な言葉たちにとうとうガマンの限界突破を迎えてしまった暢は、彼女のヒミツを暴いて徹底的に追い詰めることを決意 

まずは隠し事が詰まっているであろうスマホに手を伸ばし、無事パスコードの解除にも成功するが…? 

「サレタガワのブルー」20話ネタバレ感想です 

 

「サレタガワのブルー」20話のあらすじネタバレ♪ 

藍子がシャワーを浴びている隙に、ロックを外したスマホのトークアプリのログを開きました。 

そこに綴られていた付き合い立ての様なカップルのやり取りから、相手も既婚者と知った暢はゾクゾクと嫌悪感に襲われます。 

気を取り直して『とにかく証拠集めのためだ』とトーク画面を自分のスマホで撮影しておくことに。 

 

『カシャッ』 

 

脱衣所に思いの他響いてしまったシャッター音。 

気配に気づいた藍子が浴室から顔を覗かせる危機に陥るも、機転を効かせて「バスタオルの補充をしてる」と苦しい言い訳をして危機を回避することに成功しました。 

 

「シャンプーも少ないよ 入れておいて♡」 

 

当たり前のように差し出されたシャンプーボトル。 

今までの暢なら何も感じず、頼りにされることが嬉しくて雑用も当たり前のように笑顔でこなしてきました。 

 

『それがいけなかったのか? 

わりといい夫 してきたよな?』 

 

自問自答しても答えは出ません。 

 

「満たし過ぎてもいけないのかもな…」 

 

ボトルに注いでいたシャンプーが溢れてこぼれていきました。 

まるで今の二人のように。 

 

翌日。 

いつものように『接待で遅くなる』というメッセージを受信。 

しかし前日に盗み見たスマホから、今日は浮気相手と密会すると知っていた暢の苛立ちはとうとうピークに達してしまいます。 

 

『もう今夜乗り込もうかなッ 

密会現場に!!』 

 

尾行をし、予想通り合流した藍子と浮気相手の男はビールの入った袋を下げており、仲良さげに腕を組んで街を歩いていました。 

暢もまた、カメラまで準備して気合十分です。 

 

『今夜こそ絶対に撮り逃さねぇぞ!』 

 

この暢のセルフ探偵の先で、暢はとある人物と出会うことになります。

その相手とはー…⁉ 

 

「サレタガワのブルー」20話ネタバレ感想♪ 

盗み見たスマホのトークアプリの中には、知らぬ男と仲良さげなやり取りがたくさん収められており、相手も既婚者で子供までいることを知った暢。 

積み重なってきた不安と不満、怒りがとうとう爆発してしまった彼は「戦の準備だ!」と息巻いてカメラ持参で藍子たちを尾行します。 

そこで彼が見るものは…? 

サレタガワのブルー」20話ネタバレ感想をまとめていきますね♪ 

藍子の一つ一つが気に障る 

物語開始当初の暢からの大きな心の変化が『藍子の言動の一つ一つが気に障る』という胸中の言葉。 

そうなるのは当たり前ですが、ここまで嫌悪感を重ねているのがはっきり明言されたのは初めてかもしれませんね。 

彼の世界は間違いなく藍子を中心に回っていました。 

でもその世界の中心に裏切られたら、もう、何も信じられないですよね。 

心の傷は深く、ダメージも計り知れません。 

暢は藍子が大切で大好きだから『尽くして』きており、『いい夫』として彼女の心も満たそうと頑張ってきたんだと思います。 

溢れんばかりの愛情って憧れますが、藍子にはそれに甘えて傲慢になってしまったんだな、と思います。 

『大切だから』と植物に水を与えすぎて根腐れさせてしまったような…。 

後は彼女自身の本質がそうさせているんでしょうね~。 

自己中めっ!! 

ガマンの限界!戦の準備!! 

暢は浮気調査を依頼しようと考えていましたが、思いのほか費用が高いことと、生活費以外の収入は藍子に渡しているため自由に動かせるお金が限られていました。 

そのお金も突然引き出せば怪しまれる恐れがあります。 

それもあって悶々と考えていたところに藍子から恒例の『今夜も接待♡』とメッセージが届いたものですから、温厚な暢の理性もプチッときてしまいました。(笑) 

もう2回目の尾行なので変装もお手の物w 

気合も満タンw 

私としては傷ついてばかりでもなく、ちゃんと戦おうとしてくれているので応援したくなります…! 

暢はセルフ探偵をしたらめちゃくちゃメンタルに響きそうですけどね…。 

見たくないものばかりですしね…。 

 

余談ですが、本作はシリアスな内容にもかかわらず、コミカルに描かれているので読者としては切なくなりすぎず、暢には申し訳ないですがクスっと笑ってしまうシーンもたくさんあります。 

それも人気のポイントなんだな~って思います。 

不倫マンガ特有の重苦しい悲壮感溢れる作風ではないので、スラスラ読めるのもいいですね。 

ただ、サレタガワの悲劇を考えると…気は重くなります。(笑) 

 

「サレタガワのブルー」20話ネタバレまとめ♪ 

「サレタガワのブルー」20話のネタバレ感想でした! 

尾行の末、行きついたのは案の定ラブホテル…。 

気持ちが追い付かず、体が拒絶反応を見せるほど苦しんでいた暢の前に一人の人物が現れます。 

その人物がまさかのあの人で…? 

「サレタガワのブルー」21話で驚きの出会いが…!お楽しみに♪