女性漫画

サレタガワのブルー/19話ネタバレ!温厚旦那のガマンが限界突破! 

「サレタガワのブルー」19話ネタバレ感想ご紹介! 

「サレタガワのブルー」18話で、藍子の不倫疑惑の心労が祟って体調を崩してしまった暢。 

しかし彼を気遣うどころか迷惑がる素振りを見せた藍子に、流石の暢も戸惑いと不満が隠せません。 

一方、同じくサレタ側の和正の妻・梢は、旦那のメッセージアプリを自分のタブレットと同期させて不倫の証拠を掴もうとしていたが…? 

「サレタガワのブルー」19話ネタバレ感想です 

 

「サレタガワのブルー」19話のあらすじネタバレ♪ 

解熱したものの依然体調が芳しくない暢でしたが、染みついた習慣から藍子の夕食の心配をしてしまう自分に肩を落としていました。 

今日は何かテイクアウトかデリバリーでも利用してもらおうと考えていた、その時… 

 

「ただいまー!」 

 

普段残業の名目で帰りが遅い藍子が突然16時に帰宅したのです。 

『暢が心配で早退してきた』と話す彼女が夕飯をテイクアウトしてきてくれたのですが… 

 

(病み上がりの胃に…ハンバーガー…) 

 

体に優しくないメニューに顔を引きつらせることしかできませんでした。 

 

明日の休みは美容院やネイルに行くという藍子でしたが、心の中で『また密会じゃないのか』と考えてしまう程、彼女への信頼は薄れていました。 

しかし翌日、ちゃんと施術を受けて笑顔で帰宅した藍子に面くらってしまった暢はその気持ちが態度に出てしまいます。 

 

「最近のぶくん冷たくない?えっちだってしてくれないし!浮気でもしてんじゃないの~?」 

 

全てを知っている暢はその衝撃的すぎる言葉に、怒りで胸が激しく鼓動を打ちます。 

 

『どの…口が…オイ! …さすがの俺も限界突破なんですけど』 

 

コケにするような藍子の言葉に怒りを覚えた暢は、彼女の秘密を暴いて徹底的に追い込むことを決意します。 

 

藍子がシャワーを浴びている間にスマホのロックを外そうと試みる暢。 

誕生日や結婚記念日は、暢にバレたくない内容が隠されているならまず設定しないだろうと考え、他に設定しそうな数字を記憶から手繰り寄せます。 

 

『藍子さんの…好きな…もの…』 

 

まさかそんな、と半信半疑で入力したとある数字で… 

 

「開くんかーーーい!!」 

 

複雑な心境で開いたスマホに隠された秘密とは…? 

 

「サレタガワのブルー」19話ネタバレ感想♪ 

「藍子さんのためならなんだってしてあげたい!」というスタンスだった暢の気持ちが一気に氷点下に下がってしまったとわかる19話でした~。 

自分に嘘までついて知らない男とラブホに消えていく姿を見てしまったら何も信じられないですよね…。 

それでもどこか遠慮気味だった暢の心を怒りに染め変えてしまう要素がたっぷりの「サレタガワのブルー」19話ネタバレ感想をまとめていきますね♪ 

染みついた主夫の習慣 

どんなに体調が悪くても、どんなに相手を信じられなくなっても無意識に食事の心配までしちゃう暢はやっぱり優しくてお人よしな性格なんだろうなー…って思っちゃう冒頭の独り言でした。(笑) 

そんな彼を心配して(本当に?)帰ってきた藍子が、暢の分の食事も買って帰ってきました。 

 

病み上がりにハンバーガーですけどね!! 

 

絶対自分が食べたかっただけですよ~! 

自分が風邪をひいたことがないのか…? 

はたまた看病をしたことがないのか…? 

わからないですけど、このチョイスで彼女の心遣いができないレベルだけはバッチリはかれました。(笑) 

いや、まぁ…知っていましたけどね!! 

ガマンの限界突破! 

“開いた口が塞がらない”とはこの事ですね。 

どうしても藍子への不満が蓄積されている暢は、以前のように愛情を表現することができなくなってしまっています。 

ネイルやヘアスタイルチェンジを、今までは「可愛い」って褒めていたんだと思いますが、それももうできません。 

どうしても反応がドライになってしまう暢…。 

それは…最早仕方がないって思います。 

それに対しての藍子の言葉が「冷たい」「浮気でもしてんじゃないの」って… 

 

えぇ~~~!!?? 

 

ってなりませんか…?!(笑) 

少なくとも私はなりました。 

これは以前、暢が藍子の浮気を疑う質問をした意趣返しのような気もしますが、『絶対自分の浮気はバレていない』という謎の自信にあふれている証拠だなぁ…という感想を持ちました。 

そりゃ…いくら温厚な暢でもキレますよ…。 

げっそりしちゃう…。 

 

「サレタガワのブルー」19話ネタバレまとめ♪ 

「サレタガワのブルー」19話のネタバレ感想でした! 

とうとうガマンの限界突破をしてしまった暢は、今まで見ることのなかった藍子のスマホに手を伸ばします。 

無事ロックも解除できたものの、藍子にバレることなく中身を見ることができるのか。 

そしてその怖すぎる中身とは…。 

「サレタガワのブルー」20話も波乱の予感…!お楽しみに!