女性漫画

ギルティ/35話ネタバレ!瑠衣の安否やいかに?!

この記事では「ギルティ」35話のあらすじと感想をネタバレ付きでご紹介♪

「ギルティ」34話では、睦月さえも瑠衣の手駒であると知った爽が、一真の息子・駿を心配し彼の元へと向かいます。

一方、瑠衣を呼び出した睦月は、自分の姉が爽に追い詰められていたことを明かしますが…

それが瑠衣の仕業だと気付いていたのか、秋山の目の前で彼女を突き落とします。

急展開の「ギルティ」35話、まずはネタバレあらすじからご覧ください!

 

「ギルティ」35話のネタバレあらすじ!

それでは「ギルティ」35話のネタバレあらすじからご紹介します♪

の元彼・秋山の義妹である瑠衣は、爽に対し並々ならぬ恨みを抱いており、爽の夫である一真と不倫関係となります。

更には一真の義弟である睦月と共謀し、爽は職場を異動させられ、離婚することに。

瑠衣の狙いが秋山の息子・蛍太であるのではと推測するものの、彼女の攻撃は睦月の姉・弥生にも及んでいました。

瑠衣を呼び出した睦月は、彼女の名を騙って呼び出した秋山の目の前で、瑠衣を突き落としたのでした。

それから、二か月の時が流れ、季節は春になろうとしていました。

爽は一真と住んでいたマンションを引き払い、実家で母親と穏やかな二人暮らしを始めます。

同僚であり、一真の知人でもあった守屋は、その後も瑠衣について調べを進めていました。

秋山もまた同様でしたが、瑠衣のことが気がかりなあまり、妻・美和子との関係はぎくしゃくとしてしまいます

それでも、瑠衣について分かったことを伝えるべく、爽と山下公園で落ち合うのでした。

秋山が会っていたのは、瑠衣の家庭教師であったという男

「…君は あの日彼女になにがあったか なにも知らないんですね…」

彼から聞かされた、瑠衣の衝撃的な事実とは…?!

 

「ギルティ」35話の感想(ネタバレあり)!

続いては「ギルティ」35話の感想をネタバレ付きでご紹介しちゃいます!

事件の顛末

読者が気になっていた事件の顛末は、瑠衣の生死は今回のお話の中盤で明かされます。

ドキドキしながら読み始めたら、既に二か月経っていたことに驚き、焦燥を抱いた読者もいるのではないでしょうか?

瑠衣は幸い命は取り留めていたものの、予断を許さない状態であることが分かります。

唯一の肉親である秋山としては、瑠衣が行ってきたことがあってもなお、心苦しいものでしょう。

それ故に、妻とのすれ違いが続いてしまっているようですが…蛍太くんが心配でなりません><

美和子が瑠衣を憎む気持ちは無理もありませんが、兄である秋山に向かって「死ねばいいのよ あんな女」というのは言葉が過ぎているようにも。

秋山に女として見て貰えないのは、彼女自身にも原因がありそうですね…(;´・ω・)

また、犯人である睦月の消息も気になるところですね。

敢えて秋山という目撃者がいる状況を作ったということは、駿の元に戻るつもりは無いのかもしれません。

また、秋山が爽に言いかけていた「むしろおまえは2か月まえ…」とはどういう意味でしょうか?

あの事件が起こった当時、爽は駿を訪ねたあと、睦月を探していたようでしたが…?

周囲は一見落ち着いたように見えますが、事件に残された真相は今後、明らかになるのでしょうか?

「先生」の正体

瑠衣が爽の母親を陥れようとしていた頃に登場していた、「先生」が今回再登場します。

先生の正体が瑠衣の家庭教師であったことが判明しますが、どうやらそれだけという訳でもなさそうですね…?

 

「…君は どんどん綺麗になりますね」

「まるであの人みたいだ」

「殺してしまいたくなるほどに」

 

「あの人」とは瑠衣の母親のことでしょうか?

瑠衣の体のこと、虐待のことだけでなく、もっと多くのことを知っている様子の先生。

瑠衣の宝物である兄の写真を見せてもらうなど、瑠衣が心を寄せていた人物のようですが…

彼が今後、ストーリーにどのように関わってくるのかも注目です。

 

「ギルティ」35話のネタバレまとめ

「ギルティ」35話のあらすじと感想をネタバレ付きでご紹介しました!

命を取り留めた瑠衣。その周囲で、彼女を取り巻く事実が明らかになっていきます

10年前のあの日、瑠衣を追い詰めてしまった理由。

それは、秋山や爽だけでなく、美和子や弥生を追い詰めた原因にも繋がってくるのでしょうか?

「ギルティ」36話もぜひお楽しみくださいね♪

http://bostonvineyard.org/guilty-36/