女性漫画

サレタガワのブルー/35話ネタバレ!私が不倫したのは夫のせい! 

「サレタガワのブルー」35話ネタバレ感想ご紹介! 

「サレタガワのブルー」34話で、和正を拘束し、脅すような形で『妻とは離婚し、藍子と再婚する』と言質をとった彼女は浮かれて朝帰りしました。 

頭の中には、これからいかに有利に暢と離婚するかしかありません。 

しかし、あまりにも無神経な藍子の態度に腹を立てた暢が思わず口にしてしまいました。 

「浮気しているくせに」とー…。 

「サレタガワのブルー」35話のネタバレ感想です 

 

「サレタガワのブルー」35話のあらすじネタバレ♪ 

『言ってしまった』とドギマギしている暢とは対照的に、焦る様子を全く見せない藍子は何事もなさそうに言いました。 

 

「浮気なんてしてないよ」 

 

この目で現場を見ている暢は、彼女がしらばっくれているのだと思いました。 

しかし、様子がおかしいのです。 

 

「もう“本気”だもん“浮気”じゃなくて!」 

 

悪びれもしない彼女は、『暢のせいで』目移りしたのだと主張したのです。 

最近冷たく、セックスもしてくれない。 

全然大切にしてくれなかったから、と理由を告げましたが、それは暢が彼女の浮気に気づいてからのことです。 

当然暢は納得しません。 

 

「ずっと気になってたんだけど この左耳のピアスはいつはずすの?」 

 

それは死んでしまった彼女・茉拓の遺品のピアス。 

藍子は『こっちの方が罪深い浮気』なのだと主張したのです。 

 

しかしこのピアスは、付き合う前に藍子と話し合った経緯がありました。 

その時、彼女は 

『次の恋に踏み出すからって前の恋人を忘れる必要はない』 

『そのピアスも大切にしてほしい。外す必要もない』 

そう話したのは藍子の方だったのです。 

その言葉を受け、彼女と結婚を前提に付き合うことを決意したのでした。 

 

「私そんなこと言ってない」 

「言ったっていう証拠でもあんの?録音してる?」 

 

あくまで今回の浮気の原因は暢に100%あると言って聞かない藍子は何度も『暢のせい』を強調したのでした。 

 

「私に“浮気するな”って文句言いたいなら 今すぐ捨てなさいよ!その気持ち悪いピアス!」 

 

このピアスは暢にとって大切な思い出のピアスなのです。 

当然捨てることなどできませんでした。 

 

「しばらく別居ね 私出て行くから」 

 

そうあっさり背中を向け、家を飛び出した藍子がさらにとった行動はー…! 

 

「サレタガワのブルー」35話ネタバレ感想♪ 

うぉええぇ~~…???? 

待って待って、情報処理が追い付きませんw 

『もう本気だから不倫じゃない』で「?」ってなって、続く『今ヤバいよ⁉』で「お前の頭が?」ってなって(暴言)、『だからのぶくんが100%悪い』っで「なんでやねーーーん!!!!」ってなってスマホを捨てるところでした…。 (笑) 

それでは気を取り直して「サレタガワのブルー」35話ネタバレ感想です! 

のぶくんが100%悪いから、不倫されても仕方ない! 

絶対過失を負いたくない藍子は、あれやこれやと並べて言い訳しました。 

でも『最近冷たい』のも『セックスがない』のも、暢が浮気を知ってしまったからに他なりません。 

そして、自分は決して暢を大切にしていたとは言えない行動をしているのに、相手には『優しさ』を求める身勝手な言い分です。 

 

…その場で思いついたのかな?って思うくらい、言い訳としては内容がペラペラなんですけどね。(笑) 

 

本人も言っていますが、『“浮気”じゃなくて、もう“本気”』ってことは、暢と婚姻状態にある期間に浮気が始まった…。 

それが“今は”心変わりして本気になった、ってことですよね?? 

つまり浮気してんじゃん。(真顔) 

 

原因は暢って言いたいんでしょうけど、その段階では暢もちゃんと愛情ある対応をしていましたから、ね????!!! 

支離滅裂すぎてまとめている私まで混乱してきましたw 

昔の彼女の遺品が不愉快!許した?そんなこと言ってない! 

やっぱり暢がつけていたピアス、茉拓の遺品だったんだ~!! 

予想が的中して嬉しく思ったのも束の間、藍子このやろ~~!! 

 

だめですね、だんだん恨み節になってきました。(笑) 

 

暢にとって、茉拓との思い出はとっても大切で、人生を大きく左右した存在です。 

暢の性格を理解し、思い出話を読んでいる分、読者としては感情移入しやすいんじゃないでしょうか? 

 

その思い出から進めずにいた暢を一歩進めたのは、付き合う前の藍子からの優しい言葉でした。 

藍子も婚約者を喪っているので(ウソですけどw)、より一層、暢の心に深く染み渡ったんだと思います。 

なかなか「自分は2番でいい」とは言えないですし、人によっては忘れられない女性の遺品を身につけ続けるということに抵抗感を覚えると思います。 

実際、そう優しい言葉をかけてくれたのは藍子だけだったようです…。 

なので、結婚を前提に付き合う決心をしたみたいですが…。 

 

言葉だけは本当に素敵ですね…言葉だけは。 

言葉だけは!!(怒) 

 

「サレタガワのブルー」35話ネタバレまとめ♪ 

「サレタガワのブルー」35話のネタバレを紹介しました!

一方的に責任を押し付けた藍子は、『ここまでは計画通り☆』と浮かれて家を飛び出しました。 

しかし、残された暢も「許さない」と決意を決め、弁護士の力を借りることにしたのです。 

事はそうすんなりと藍子の思い通りに行きそうにありませんが…? 

離れてしまった夫婦はどうなるのか、「サレタガワのブルー」36話もお楽しみに☆