女性漫画

サレタガワのブルー/16話ネタバレ!大好きだった妻の不倫を嘆くが…

「サレタガワのブルー」16話ネタバレ感想ご紹介! 

「サレタガワのブルー」15話で、久民の彼女が見つけた藍子の裏アカウントらしきSNSを見てしまった暢。 

嘘ばかりの内容と、自分じゃない男性の影がチラつく内容に驚きを隠せません。 

それは暢が苦手な女性像そのものであり、ショックすぎたその内容に体が拒絶反応を示してしまうほど…。 

打ちひしがれた暢に久民が「証拠集めをしよう」と話したが…? 

「サレタガワのブルー」16話ネタバレ感想です 

 

「サレタガワのブルー」16話のあらすじネタバレ♪ 

例の裏アカウントのショックから体調を崩した暢は、久民の美容室のバックヤードで休んでいました。 

 

「たみくん…一体…何をどうすれば ラク…になれるかな?俺は」 

 

その一言に暢の煮詰めた苦悩が詰め込まれていました。 

何がいけなかったのか。 

自分なりに『いい夫婦』になるため、精一杯やれることを頑張ってきたつもりなのに。 

どうして、どうして、と。 

 

零れる言葉は自分を責めるものばかり。 

あまりにもの悲壮感に久民が「自分を責めても何も解決しない」と言葉を遮り、彼自身も藍子の無神経なSNS投稿に怒りを露わにしました。 

 

「今後どうするにしてもとりあえずは “確実にしてる”っていう証拠集めは絶対必要だと思うんだ…!」 

 

今は落ち込むだけではなく、今後を見越した行動をするべきだと久民は言いました。 

離婚するにしても夫婦関係を再構築するにしても『はぐらかされたら終わり』です。 

それを防ぐには確固たる証拠が必要だと助言したのでした。 

 

その帰り道。 

暢の頭には『証拠』『離婚』『再構築』の単語が、終わりがない螺旋階段の様にクルクル回っていましたが、それでも体に染みついたルーティーンは根強く、いつものスーパーで買い物かごを持っている自分に驚愕したのでした。 

しかし、今の疲れた心では藍子に食事を作る気持ちにもなれません。 

そして今日も彼女からは『遅くなる』『今日こそ契約とるぞ♡』と変わらないメッセージが届くものの、以前の様に素直に信じることは到底できるはずもなく…。 

 

暢はとうとう決心しました。 

藍子の後をつけて、証拠を掴もうとー…!! 

 

「サレタガワのブルー」16話ネタバレ感想♪ 

メンタルをボコボコにされてしまった暢は完全ダウン…! 

久民に介抱される形で彼の美容室のバックヤードで休憩していました。 

ここまで追い詰められても湧いてくる感情は『藍子さんが悪い!』という怒りではなく、『自分の何が悪かったのか』という自責と後悔ばかり。 

それを諭したのは友人の久民でした。 

…本当にいい人だね、たみくん…。 

そんな“サレタ側”の苦悩が描かれた「サレタガワのブルー」16話ネタバレ感想です! 

責めるのは自分じゃない…けど。 

久民も言っていますが、ここまで悪質だと責めるのは自分じゃなく藍子だというのは私も同感です~…。 

そりゃもちろん、『遊び』や『不倫』に至った理由(?)はきっとあるんだと思います。 

藍子の自己中心的な振る舞いを見ている感じ、ロクなものではないと察してはいますけどね…。 (遠くを見る目)

暢は夫婦としても、同居人としても役割をしっかりこなしているので、必要以上に責められることもないかと…思うんです…。 

人格的に問題があるわけでも、DVがあるわけでもないですし。 

 

当人からすれば「どうして」という疑問と「何が悪かったのか?」と自分のことばかり追い込む暢をみていると気の毒になりますが、藍子からすればそういった『優しすぎる面』に苛立ちを覚えて真逆のタイプの和正に走ったのかな~なんて思っちゃいます。 

裏切られること=自分を根底から否定されることに等しいと思っているんですが、それがこの世の誰より大切な人にされてしまったから苦しいんですよね…。 

それでも相手を責めないで自分を責めているのは、『藍子を嫌いになり切れない自分』もいるんでしょう…。 

辛いですね…。 

離婚?夫婦関係の再構築? 

久民の助言通り、知ってしまった以上このまま放置しておくわけにもいきません。 

どこかで線引きはしなくてはならないですが、そのためにはやはり相手と話すことの必要性が出てきます。 

が、前回あったように、ただ手ぶらの状態で『浮気しているのか』と問い詰めたところで有耶無耶になってしまうのは目に見えています。 

 

そこで必要なのは『相手に認めさせること』 

 

そうしないと同じ土俵には立てませんからね~。 

その土俵に立とうとしていますが、裏アカを見ただけで嘔吐しちゃった暢がリアルな不倫現場を見て耐えられるのか…。 

凄く心配になってしまいますね…、この状況…。 

 

「サレタガワのブルー」16話ネタバレまとめ♪ 

「サレタガワのブルー」16話のネタバレ感想でした! 

自分を責めてばかりの暢にもっと現実を見るように諭したのは久民でした。 

彼に背を押される形で、気持ちはまだゆらゆらながらも前進する覚悟をきめた暢でしたが…? 

「サレタガワのブルー」17話の展開…大注目ですね!!