女性漫画

ミステリと言う勿れ/9話ネタバレ!残されたカギは汐路・父の手帳!

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!

「ミステリと言う勿れ」9話のネタバレをご紹介します!

コミックス版では、3巻のEpisode4-5になります。

前回「ミステリと言う勿れ」8(3/Episode4-4)では、これまで非協力的だったゆらが新たに仲間として加わり、手がかりの手帖を手に入れたところで終わっています。

汐路が何かを思い出し、足りない人形の謎が解ける「ミステリと言う勿れ」9(Episode4-5)のネタバレをどうぞ!

\今すぐ試し読み開始

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\3巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲

まぐみ
まぐみ
U-NEXT会員登録で600ポイントGET
ミステリと言う勿れは、全巻が各462円で配信中!

確実に1巻分を無料で読むことができます♪

「ミステリと言う勿れ」9話(3巻Episode4-5)ネタバレ

翌日再び店に集まり、整たちは集めた情報を整理します。

まず初めに整が朝晴から聞いたのは、蔵の床下から発見された人骨についてです。

彼は「こちらで警察と協力するから、何もせず黙っているように」と祖父の車坂弁護士から口止めされていました。

続いて理紀之助から、蔵にあった刃物から人を斬った証拠が出てきたと報告があります。

そして新音は、事故当時お世話になった志波刑事に話を聞きに行っていました。

汐路の父が居眠りをしていたと、多くの対向車が見ていたそうです。

一方で不自然な点もあり、当時車に乗っていた四人の行き先を誰も知らなかったことや、旅行にしては荷物がおかしかったことを志波はあげました。

その荷物とは、菊柄の着物を着た日本人形や木箱に入ったお茶碗・・・いずれも整たちが蔵の中で見つけたものの仲間でした。

すでに現物はなく殺人の証拠は見つけられません。

残る手がかりはゆらの見つけた手帳・・・父の手帳だろうと言ったのは汐路でした。

手帳には何故か数ページほどしか紙がありませんでしたが、蔵を調べていく様子がそこには残されています。

手帳のメモから調査を進めるゆらは、警察から自殺した「鬼の集」の脚本家についての情報を得ました。

整たちは、残された謎のメモから汐路の父たちが出掛けた理由を探ります。

ヒントは「捜す 人形がカギ」という走り書き。

そして、汐路の記憶から整が導き出した答えとは・・・!

やっぱり絵付きで見たい!

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\3巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲

▼U-NEXTの登録・解約について
詳しく解説しています▼
登録は3ステップで簡単!

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!
ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!大人気ミステリー漫画「ミステリと言う勿れ」全話(全巻)のネタバレをまとめてご紹介!主人公・久能整が繰り広げる独特な世界に引き込まれること間違いなし!「ミステリと言う勿れ」全話(全巻)のネタバレ、チェックしていきましょう...

「ミステリと言う勿れ」9話(3巻Episode4-5)感想をネタバレ紹介♪

 続いて、「ミステリと言う勿れ」9(3/Episode4-5)の感想をお伝えしていきます。

足りない人形

解決編の始まりということで、 今回もまた整くんが大活躍します。

各月を示した柄の着物を着た12体の人形・・・その中で足りない3体の人形・・・その行方は・・・。

そんなところから、見てもいない汐路ちゃんのお父さんの行動を読み解く整くん。

聞いた話を頭の中で組み立てる能力に非常に長けていて、羨ましい限りです。

これまでお芝居のチケットや贋作の器、錆びついた刃物など、蔵の中から出てきたものの中で唯一人形だけが事件に結び付きませんでした。

しかし、こうして繋がりが出てくると一番重要だったのではと思ってしまいますね。

人形のことを話す汐路の目が、6(3Episode4-2)で「持ち主に返さないと」と言っているお父さんのものとよく似ていると感じるのは私だけでしょうか?

お父さんの想いを継いでいるような気がしてなりません。

子供の頃から大人の都合に振り回されてきた汐路、個人的には幸せになって欲しいので、お父さんのような形で不幸が訪れないことを願います。

汐路の記憶

上記のように、汐路のお父さんたちの目的を知る鍵が12月の人形だとすれば、過去の事件・・・汐路のお父さんたちを殺した犯人への鍵は、汐路の記憶でした。

なんでもない日常の一コマ、しかし忘れてはならない事件当日の記憶を汐路は新音のおっちょこちょいから思い出します。

いつもはとってもお喋りな整くんですが、この時ばかりは汐路に声を掛けるタイミングを図ってから「何か気が付きましたか」と聞きました。

整くんのこういうところが頭の良さを感じさせて、素敵だと思います。

その場では聞かない方が良い、何を感じ取ったのでしょう。

汐路はお顔の中で、一番口元が正直に感情を示していると私は勝手に感じています。

なので、彼女が事件の日の朝を思い出してから、ずっと口が同じ形をしており、それが最後の最後で大きく歪むんです。

現実を受け止められなかった少女が、ようやく最後にその事実を目の当たりにした瞬間を、口元一つで表現しているようで素晴らしかったです。

繊細な少女の心の機微が感じ取れ、胸が苦しくなるほどでした。

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!
ミステリと言う勿れ/10話ネタバレ!相続問題の結末…父の愛、紫の花園に潜むものとは?「ミステリと言う勿れ」10話のネタバレをご紹介!優しい表面で覆い隠していた朝晴の本性が顕になる「ミステリと言う勿れ」10話(Episode4-6)のネタバレをどうぞ!...

「ミステリと言う勿れ」9話(3巻Episode4-5)ネタバレまとめ

「ミステリと言う勿れ」9(3/Episode4-5)のネタバレをご紹介しました!

汐路にとっては「なんでもないこと」だったそれは、整たちを真実へと導きます。

そして、とうとう犯人を追い詰めましたが・・・

狩集家の事件もいよいよ最終回、「ミステリと言う勿れ」10(4/Episode4-5)へ続きます。

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\3巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲