女性漫画

ミステリと言う勿れ/11話ネタバレ!四方山話に隠された手がかりとは…?

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!

「ミステリと言う勿れ」11話のネタバレをご紹介します!

コミックス版では、4巻のEpisode-5になります。

前回のお話し→ミステリと言う勿れ/10話ネタバレ!相続問題の結末…父の愛、紫の花園に潜むものとは?

広島での事件を解決し、再び東京へと戻ってきました。

外に出た整は、雨の中で奇妙な男性と出会います。

取り留めのない会話からとんでもない事件を読み解く「ミステリと言う勿れ」11(Episode-5)のネタバレをどうぞ!

\今すぐ試し読み開始

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\4巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲

まぐみ
まぐみ
U-NEXT会員登録で600ポイントGET
ミステリと言う勿れは、全巻が各462円で配信中!

確実に1巻分を無料で読むことができます♪

「ミステリと言う勿れ」11話(4巻Episode-5)ネタバレ

息が白くなるような寒い雨の日は、カレー日和ではありません。

こんな日はポテトサラダとカキフライを食べようと、整は傘をさして鼻歌まじりに出掛けます。

土手に差し掛かったときです。ふと、歌が聞こえてきました。

雨の中地べたに座り込み、ずぶ濡れになりながら一人の男性が歌を口ずさんでいました。

整が懐かしい、と口にすると、彼は「知ってる?」と言葉を返します。

しかし整は「山賊の歌」だと言うのに対し、男性は歌詞から「海賊の歌」だと誤解していました。

どうやら男性はいろんなことを忘れているようです。

好きだという三好達治の詩を間違えたり、三寒四温の時期を間違えたり・・・取り止めもない話をする男性を、整はせめて雨の当たらない場所へと誘います。

やけに時計を気にする男性。

待ち合わせなのか、家に帰った方が良くないか、と気遣う整に、男性は「わからない」と答えます。

どうやら彼は記憶を失っているようでした。

救急車も警察を呼ぶことも拒否する男性に、何かを感じ取った整。

無意識の中、男性の指先が何かを描いているのに気付きます。

俯き、何かをずっと考え込んでいるらしい男性に、整は雨の話を次々と降ります。

しかし、彼の反応は途切れ途切れです。

音楽はカルテットよりもワルツが良い、雨粒の大きさの話には興味を示しませんが、水素と酸素で新しい水を作る話には饒舌になります。

話すうちに何かを思い出せそうだと、整と共に子供の頃の話や好きなスポーツの話しました。

そして、ついに男性が思い出したのは、どこかに仕掛けたという爆弾の存在でした。

彼の言葉を頼りに整が導き出した場所は・・・!

やっぱり絵付きで見たい!

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\4巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲

▼U-NEXTの登録・解約について
詳しく解説しています▼
登録は3ステップで簡単!

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!
ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!大人気ミステリー漫画「ミステリと言う勿れ」全話(全巻)のネタバレをまとめてご紹介!主人公・久能整が繰り広げる独特な世界に引き込まれること間違いなし!「ミステリと言う勿れ」全話(全巻)のネタバレ、チェックしていきましょう...

「ミステリと言う勿れ」11話(4巻Episode-5)感想をネタバレ紹介♪

 続いて、「ミステリと言う勿れ」11(4/Episode-5)の感想をお伝えしていきます。

整の観察眼

 記憶を無くした爆弾犯の漠然とした言葉から共通点を導き出し、仕掛けられた爆弾の場所を探るというのは、非常に難しいことだと思います。

整くんは、あるなしクイズとか得意そう・・・なんてことを考えて読んでいる私には絶対に無理ですね。

初めて会った相手の言葉から、表情から、そして指先の小さな動きから、普通なら見逃してしまいそうな情報を少しずつかき集めています。

素晴らしい観察眼の持ち主です。

雨の中、ずっと一つの場所で話だけを聞いて推理するなんて、安楽椅子の名探偵にもなれてしまいそう。

そんな彼が「犯罪を犯すような人には見えない」と言った男性は、整の「なぜ」に答えることはありません。

整くんも読者も想像することしかできませんが、個人の感想としましては、本人の意思だけではないような気がします。

何か裏のありそうな・・・。

事件はこの話で解決しますが、今後伏線になりそうな1話でしたね。

作中に男性が三好達治の詩を誦じて、二人の会話が途切れるシーンがあります。

ぱらぱらと降り注ぐ雨をただ見つめる静かなシーンなのですが、雨の音が聞こえてきそうなくらい印象的です。

今話は言葉がと飛び交うシーンと効果音も吹き出しもなく、雨の音だけが聞こえてきそうな無音のシーンとが交互に存在します。

その緩急が非常に素敵で、二人の会話がはずめば弾むほど静かなページの印象がぐっと強くなるのです。

降り頻る雨の中、三好達治の詩を口にしながら、二人は何を考えていたのでしょうね。

これまで整くんが携わってきた事件は、いずれも「家族」がどこかキーワードになっているように感じます。

今回の男性もまた、彼のお母さんが彼の人生に深く関係しています。

山賊の歌は学校で、とある一方、詩に関しては作中では明記されていませんので、誰から習ったのだろうとつい思いを巡らせてしまいます。

歌と同様に学校でか、はたまた幼い頃にお母さんにか、それとも自分で読んだのか・・・個人的にはお母さんから贈られた詩集とかだったら良いなと思っております。

詩の引用の仕方がまた美しくて、切ない感じがあります。

我路くんの時と同様、彼が爆弾犯でなければ整くんの良い話し相手になったのでは、と思うような出会いでしたね。

今回の事件は緊迫感がありながらも、静かな雨が似合う非常にうら寂しい事件でした。

ミステリと言う勿れ全巻(全話)ネタバレまとめ!最新話~結末最終回の考察も!
ミステリと言う勿れ/12話ネタバレ!22年前の清算…死者からのおくり物「ミステリと言う勿れ」12話のネタバレをご紹介します! コミックス版では、4巻のEpisode-6になります。 前回のお話し→ミステ...

「ミステリと言う勿れ」11話(4巻Episode-5)ネタバレまとめ

「ミステリと言う勿れ」11(4/Episode-5)のネタバレをご紹介しました!

解決しない謎も残り、空模様のようにすっきりとしない事件の閉幕。

そんな中、整は男性の携帯を拾おうとして土手から落ちてしまいます。

病院に運び込まれた整の安否は「ミステリと言う勿れ」12(4/Episode-6)でどうぞ

U-NEXTは31日間無料トライアル実施中

\4巻が無料で読める/今すぐ「ミステリという勿れ」を読む

▲31日以内に解約しても0円▲