女性漫画

わたしの幸せな結婚/12話のネタバレ!幸福感に溢れた美世の心の変化

結婚から始まる恋愛を描く「わたしの幸せな結婚」12話のネタバレご紹介♪ 

「わたしの幸せな結婚」11話で、心に収めきれなかった不安をようやく吐露できた美世。 

それをすでに見抜いていた清霞は彼女の言葉を聞き入れ、贈り物の髪紐を受け取ります。 

正式な婚約者として美世を迎え、二人の距離も急接近。 

しかし見えない陰謀の手は休むことなく美世に忍び寄っていました。 

「わたしの幸せな結婚」12話ネタバレです♪ 

  

「わたしの幸せな結婚」12話のあらすじネタバレ♪ 

「わたしの幸せな結婚」12話のあらすじネタバレを紹介していきます★

 

 初デートの際に見繕っていた多数の着物が久堂家に運び込まれました。 

その中には美世の母の失ってしまった形見の着物にそっくりなものも含まれており、恐縮しながらも清霞の気持ちを嬉しく受け取った美世。 

清霞の贈り物の櫛で髪をとき、着物に身を包んだ美世は“宴の準備”に取り掛かったのでした。 

この日は、使用人だった花を久堂家まで送り届けてくれた五道を招待しての食事会が開かれることとなっていたのです。 

この食事会を発案したのは美世。 

自発的に人との接点を持とうとした彼女の変化に清霞は喜んだのでした。 

 

清霞と五道を玄関先で出迎えた美世は、以前のような消えてしまいそうな病的な儚さはなく、健康的な血色と整えられた美しい身なり。 

毎日顔を合わせているにも関わらず、自分が贈った着物を身に纏った美世に思わず「綺麗だな」と声をかけるほどに見違えていました。 

 

絶品の食事でもてなした美世を五道は大変気に入りました。 

 

「鬼隊長とは別れて俺と結婚しましょう!」 

 

なんて冗談を言い出してしまう始末。 

それに嫉妬心丸出しで烈火のごとく怒る清霞でしたが、おずおずと美世が口にした「私は旦那さまがいいので」という言葉であっという間に鎮火したのでした。 

清霞は無意識に、『美世は居場所さえあれば相手は誰でもいいのでは』と考えていたのだと気づきました。 

しかし、決してそうではない。 

少なくとも贈った着物に袖を通すくらいには心を許されている。 

それを嬉しく思ったのでした。 

 

その夜。 

屋敷が随分と静かでした。 

むしろ、静かすぎました。 

美世の部屋から、異能が使われた気配が漂っていたのですー…! 

 

「わたしの幸せな結婚」12話ネタバレ感想♪ 

「わたしの幸せな結婚」12話の感想をレポしていきます★

 

隠し事なく、心を開いて清霞に接することができるようになった美世。 

久堂家にやってきた時のような不健康さやネガティブさは少し改善され真っ直ぐと清霞を見ることができるようになっていて、私までほんわかしてしまいますね~。 

良かった…! 

無自覚に惚気て見せる二人の会話に癒されますが、この平穏は『嵐の前の静けさ』かもしれません…! 

それでは「私の幸せな結婚」12話のネタバレ感想、まとめていきたいと思います♪ 

向き合う気持ちの矢印 

前話で使用人だった花との再会をきっかけに、急速に清霞との距離が近づいた美世。 

心に秘めていた『自分に異能の力はない』こと、それでも『許されるなら清霞の傍に居たい』という気持ちを言葉にすることができた上に、受け入れてもらえたことに心が軽くなっているように見えます。 

清霞からの贈り物も恐縮しながらも受け取ることができている…。 

これも大きな変化ですよね…! 

贈った方も身につけてくれたら嬉しいですし…。 

完全にお互いの気持ちの矢印が向き合っているので、見ていてニヨニヨしちゃいます~! 

『嫉妬、やきもちなんて焼きません』ってクールな顔した清霞が、美世の名前を呼んだだけの五道に「暴力的な気持ちになった」と言ってみたり…。 

美世の変化も大きいですが、こちらの変化も非常に大きい。(笑) 

『異能』という境遇が無ければ出会うこともなかったかもしれませんが、普通の男女ならもっとスムーズに幸せになれたのかもしれませんね。 

静かに歩み寄る不穏な影 

今回、作中に『異形の存在』についての詳しい解説があります! 

異形は『正体がわからない現象を人間が“化け物の仕業”と想像し恐怖することで具現化し、力を持つ』 

ゆえに、『その正体が科学で説明できると知れば人々の恐怖心は薄れ、力を失う』というもの。 

西洋文化が流入し、発達し続ける世では異形も力を失いつつある…というもの。 

なんだが、信仰とよく似てますね~。 

神様も人の信仰心を依り代にして力を持つ、と言いますし。 

 

同じように異能者の力も落ちており、強力な力を持つとされている清霞ですら大昔の異能者と比べれば優秀とは言えないと零しています。 

そんな中、美世の中に眠った力はきっと鍵となるものなのでしょう。 

楽しかった宴の後、彼女はある異形の力に襲われることになりました。 

本人は『異能の力はない』と思っていますが、執拗に狙われているので本当は違うんでしょうね。 

  

「私の幸せな結婚」12話のネタバレまとめ♪ 

「私の幸せな結婚」12話のネタバレ感想でした♪ 

穏やかで平穏で幸せな美世の身に相変わらず異能の力が迫ります。 

彼女に秘められた力はどういったものなのか。 

それを乗り越えて穏やかな日々は出に入れられるのか…。 

嵐の前の静けさを超えてしまった「私の幸せな結婚」13話の展開に大注目です!