女性漫画

わたしの幸せな結婚/13話のネタバレ!美世の幸せを壊すのは異母妹⁉

結婚から始まる恋愛を描く「わたしの幸せな結婚」13話のネタバレご紹介♪ 

「わたしの幸せな結婚」12話で、心の距離が近づいていく清霞と美世。 

清霞が選んだ着物に袖を通し、沈みがちだった心も穏やかで温かい気持ちが溢れるまで変化していた美世は、清霞から向けられる愛情を受け、確かな幸せを感じていました。 

しかし、平穏な日々に迫る存在が…。 

様々な思惑が交錯する、「わたしの幸せな結婚」13話ネタバレです♪ 

  

「わたしの幸せな結婚」13話のあらすじネタバレ♪

香耶が式神を通して久しぶりに見た異母姉は見違えるほど美しく、そして幸せそうに笑っていました。 

 

『私は上 異母姉は下』 

 

母に「美世のようになってはならない」と呪詛のように言い聞かされて育ってきた香耶にとって、今の幸せそうな美世の姿は信じられず、そして許せないものだったのです。 

さらに香耶を驚かせたのが、以前屋敷ですれ違った憧れの美しい人“久堂清霞”と美世が仲睦まじい恋人のようではありませんか。 

「おかしい 何もかもおかしい」 

自分の方が美しく優秀にも関わらず、久堂家の嫁に選ばれていないことがおかしい! 

 

そう考えた彼女は、父親へ久堂家の嫁にふさわしいのは自分だから、姉と取り換えるように掛け合ったのです。 

しかし、今まで思い通りだった父が初めて香耶の申し出を否定したのでした。 

当然面白くない香耶は婚約者である幸次にまで無茶を言い始める始末。 

 

「幸次さんはおねえさまと婚約したくない?」 

 

幸次が美世に思いを寄せていたことを悟って知っていた香耶は、その気持ちを利用しようと協力を仰ぎますが、彼も『家長の許可もなく勝手はできない』と断ったのでした。 

 

打つ手をなくした香耶は屋敷を飛び出し、考えました。 

『辰石のおじさまなら協力してくれるはず』とー…。 

 

 

 

美世は屯所に泊まり込みをして仕事をしている清霞の元へ、ゆり江と共に差し入れを持参していました。 

仕事の邪魔をしないように早々に帰宅しようとした彼女に清霞は「お守りは持っているか」と念を押して確認しました。 

 

外出するときは肌身離さず持つように言われていたお守りー。 

 

実はこの時、美世はお守りを屋敷に忘れてきてしまっていたのです。 

そのことが大きな事件を呼び寄せてしまうとも知らずにー…! 

 

「わたしの幸せな結婚」13話ネタバレ感想♪ 

美世の生い立ちは目に見えて不幸であり、被害者であることは明白です。 

では、異母妹に当たる香耶は…?と考えた時、彼女は彼女で葛藤や重圧があり、それが認知を歪ませてしまった過去があったみたいですね…。 

結局姉妹二人ともお家騒動の被害者、というところです。 

そんな姉妹の対比も描かれた「わたしの幸せな結婚」13話ネタバレ感想です☆ 

思い通りにならない苛立ち

香耶の性格を歪ませてしまったのは、彼女の母親であることは間違いなさそうです。 

しかし母には母の重圧があったんでしょうね…。 

前妻が特殊な異能の力を持つ家の出身であり、異能を持たず生まれたと言っても娘もいる…。 

後妻としては自分の居場所を作るには、生まれてくる我が子が異能を持って生まれ、なおかつ優秀であれば自分の存在を確立できますからね…。 

そのプレッシャーの矛先が香耶に向かってしまった、と思えば彼女も被害者だなぁ…と思いました。 

 

「美世より自分が上でなればならない。自分には少しの失敗も許されない」 

 

幼い子供心にトラウマを植え付けるには十分ですし、実際美世は持つことができなかった異能の力を持って生まれたとなれば優越感もあるでしょうから、その感情を冗長させたんでしょうね…。 

 

とはいえ、自分勝手な行動と思考も目立ちます。 

相手(清霞)ガン無視で『おねえさまと取り替えてください』ってセリフ、すごいですねw 

清霞が自分を気に入らないはずがない、という自信の表れですけど、…スゴイ。(二回言ったw) 

絶対清霞さん、嫌がると思います。(笑) 

忘れてしまったお守り 

肌身離さず持つように言われていた“お守り” 

ついうっかり忘れてきてしまったため、この後彼女に大変な危機が迫ります。 

このお守りの効力は今回明かされていませんが、清霞が「ちゃんと持っているか」確認したことから、重要な役割があったと想像されます。 

このお守りがどんな効力があったのか。 

美世に迫る危機の黒幕は香耶と辰石家なのか…。 

未だ異能の力が発現する様子もない美代を付け狙うその目的は…? 

物語の確信に迫っていきそうな緊迫感が出てきて、恋にほんわかしてる場合ではなくなってきた展開にも注目してくださいね♪ 

  

「わたしの幸せな結婚」13話のネタバレまとめ♪ 

「わたしの幸せな結婚」13話のネタバレ&感想でした♪ 

一目で『仲睦まじい恋人のよう』と香耶が思ってしまうほど、清霞と美世の気持ちは近づいたものの、それを引き裂くような危機が美世を襲います。 

その目的と黒幕は辰石家だけではなさそうな予感…! 

物語の根幹が動きそうな 「私の幸せな結婚」14話に大注目です!