女性漫画

サレタガワのブルー/60話ネタバレ!後輩にも突き放された藍子は…

「サレタガワのブルー」60話ネタバレ感想ご紹介! 

「サレタガワのブルー」59話で、藍子の浮気は『暢の幸せ』を願っていた姉・穂奈美との切実な約束さえ踏みにじる行為だったと判明! 

藍子を問い詰めるには『突然の訪問』しかないと判断した穂奈美は、暢と自宅を訪れる計画を立てるのです。 

同じ頃、和正は藍子と別れる条件として自宅に行く約束をしていました。 

修羅場まで一歩手前の「サレタガワのブルー」60話ネタバレ感想です! 

 

「サレタガワのブルー」60話のあらすじネタバレ♪ 

会社のトイレで前日の和正の言葉を反復しながら唇を噛みしめた藍子。 

諦めきれない彼女は、今夜『最後のお願い』と称して自宅のマンションに和正を招待する予定でした。

 

(今夜必ず…巻き返す…‼) 

 

考え込んでいた藍子の耳に、隣の個室から悪阻で苦しむ声が漏れ聞こえてきました。 

その声の主は、後輩の高橋だったのです。 

高橋から妊娠の事実を聞いた藍子は相手を尋ねましたが、彼女は和正の名は出さず、他社の平凡なサラリーマンだと誤魔化しました。 

 

「先輩はその後旦那さんと部長と…そのどうなんですか…?」 

 

高橋からの質問に藍子は、『お互い離婚に向けて別居中で、部長の嫁が別れたがらない』とウソをついて説明しました。 

 

「そうだ!今度さ エコー写真貸してくれない?」 

 

不可思議な頼みに首を傾げた高橋に藍子は言いました。 

『部長がなかなか離婚に踏み切れないから妊娠したとウソをついている。 

初期のエコーは買ったけど、ちゃんと育っている“ガチ感”を出したい』と。 

 

当然高橋はその異常さに嫌悪感を露わにします。 

『すぐバレるウソ』だと指摘しても「流産したことにして泣けば愛も深まってハッピー」と答えたのでした。 

 

「失礼ですが 本当に愛してる人にそんなウソ…つけないと思います」 

 

命を軽視する言葉に高橋は「見損ないました」とはっきり物申したのでした。 

それでも藍子は『最低でも何でも絶対に彼が欲しいし 育んできた愛をあきらめたくない』とウソをやめることはしませんでした。 

 

(見損なった?私悪くなくない?) 

 

買ってきた総菜を手料理っぽく皿に盛りつけ、和正の到着を待ちました。 

 

しかし同時刻、マンションのエントランスには暢と穂奈美も到着。 

このまま4人は鉢合わせしてしまうのか…⁉ 

 

「サレタガワのブルー」60話ネタバレ感想♪ 

本当に妊娠してしまい悪阻に苦しむ高橋と、嘘を重ねて相手を繋ぎ留めようと躍起になっている藍子の対比がなんとも痛々しいお話になりました。 

高橋が語るように藍子がついたウソは、命が関係する“最低なもの”でした。 

彼女は実際に妊娠しているので、藍子の発言の異常性を痛感しているんでしょうね…。 

それでは!サレタガワのブルー」60話ネタバレ感想です! 

藍子がついたウソと高橋の言葉 

高橋の子供の父親が“和正”だと夢にも思っていない藍子は、高橋に赤裸々に事実を話していますが、高橋は『特にメリットもない』として事実は話していません。 

悪阻に苦しみながら、命の重さとこれからの不安を同時に体感している高橋にとって、藍子の『妊娠しているとウソをついている』『リアリティがほしい』『最後は流産したことにしたらいい』という数々の発言が許せなかったのは、読者の多くが理解できるのではないでしょうか。 

当然ですよね。 

命を軽んじており、相手の気持ちすら考えていない言動に嫌気がさすのは当たり前です。 

彼女の言った「本当に愛してる人にそんなウソはつけない」という答えがごもっともです。 

 

高橋からかなりキツく言われていますが、それでも『飼い犬に噛まれた気分』というモノローグから、全く反省していないのがわかります。 

なんなら先輩後輩関係なく、普段から高橋を見下していないと出てこない言葉だな~って感じますね…。 

ウソに関しても「仕方ない」「正直だけでは生きていけない」と正当化していることから、彼女の道徳心の無さもうかがえます。 

世知辛い世の中ですからわからなくもない発言ですが、だからってついて良いウソと悪いウソがありますよね…。 

高橋の「好きな相手につくウソじゃない」「最低」という言葉が的確に的を得ていると思います。 

和正を待つ藍子の胸中は… 

藍子は和正との食事の準備をします。 

が、案の定彼女は料理ができない様子…。 

暢が作った弁当も自作発言していましたし、ここでもウソを貫き通すようですね…。 

息をするようにウソをつくので、ウソに固められた彼女の『本当』ってどこにあるんでしょう…? 

自分を良く見せるためのウソが幾重にも必要なのは、決して“イイ女”ではないですし、それどころか良い人間ですらないでしょう…。 

 

それでも彼女は『まだ巻き返せる』と自分に言い聞かせています。 

ここまで来てしまうとなんだか痛々しく感じてしまいますね。 

結果は見えていると思います。 

 

「サレタガワのブルー」60話ネタバレまとめ♪♪ 

「サレタガワのブルー」60話のネタバレをご紹介しました!

藍子の住むマンション(暢の所有w)に藍子と和正が揃い、事実を突き詰めようとすぐ近くに暢と穂奈美が近づいています。 

主な役者たちがついに一か所に勢ぞろいしてしまいましたが、次回はこのまま本当に鉢合わせしてしまうのか…! 

誰も予想していなかった修羅場は目前⁉ 

「サレタガワのブルー」61話もお楽しみに‼ 

サレタガワのブルー/61話ネタバレ!いよいよ不倫騒動の修羅場開始!「サレタガワのブルー」61話ネタバレ感想ご紹介!高橋に『和正に対して妊娠しているとウソをついている』と話した藍子。 高橋は軽蔑し「見損なった」と彼女を突き放しました。 それでも反省しない藍子は、和正を自宅に招待し最後の勝負に出たのです! 「サレタガワのブルー」61話ネタバレ感想です...